レディー

自転車保険を比較して自分に合うプラン選び

このエントリーをはてなブックマークに追加

子供を保険に入れると

メンズ

子供が自転車に乗るようになったら早めに自転車保険加入を済ませましょう。自転車保険に加入していれば子供が自転車事故の加害者となってしまった際にも保険を通じてトラブルを解決することができます。手続きも簡単で保険料も安くなっているのでまだ加入していない場合は早めに自転車保険加入をするようにしましょう。

もっと詳しく

自転車保険の需要

男の人と女の人

自転車は手軽な交通手段として非常に便利な乗り物であるといえます。通勤や通学、日常の買い物の足として生活になくてはならないという存在であるという人も多いと思われます。そんな便利な存在である自転車ですが、交通事故のリスクもあります。自動車との事故の場合は自転車は被害者側に回ることが一般的ですが、自転車同士の事故や歩行者との事故の場合は加害者となる可能性もあります。交通事故の加害者となってしまった場合、被害者に対して損害賠償責任を負うこととなります。相手方の被害の度合いによっては高額の賠償責任を負うケースもあります。そうした場合は個人の資産で負担することが困難なケースもあるため、自転車保険に加入しておくのがよいといわれています。

自転車保険は自動車保険と比べて比較的安価な掛け金で加入をすることができます。自転車保険への加入にあたっては、それぞれの会社の保障内容と保険料を比較検討したうえで加入する会社を検討するのがよいといえます。自転車保険の比較検討にあたっては、インターネットの比較サイトを利用して検討するのが一番便利であるといえます。また、個別に自転車保険に加入しなくても、自動車やマイホームを所有している場合は自動車保険や火災保険の特約として自転車事故についても保障することができます。個別に自転車保険に加入するよりも特約をつけた方がお得なケースが多いので、一度加入している自動車保険や火災保険の保障内容を確認しておいた方がよいといえます。

FP相談で家計にゆとりを

相談

家計相談は、健康診断と同じく健康なうちに悪いところがないか受けるものです。まだ、問題ない内にファイナンシャルプランナー家計診断をしてもらうことで、将来発生する問題を発見でき対処をしていくことができます。

もっと詳しく

万が一に備えるため

女性

自転車保険の加入率の低さが問題となっています。自転車はそれなりにスピードが出るので万が一の事故に備えておくことが大切です。自転車保険はリーズナブルに加入することができるほか補償内容も自動車保険と同様に充実しているのでとくにファミリー世帯にはおすすめです。

もっと詳しく