笑顔の男性

相続放棄の期限は守りましょう|早めに司法書士に相談しよう!

交通事故の交渉代行

男性

大阪の弁護士は交通事故の時の、保険会社や当事者の交渉を代行して行なってくれます。被害レベルと賠償額が見合わない、当事者同士でトラブルが解決できない、といった問題解決を依頼主の有利な方法で提案してくれます。

View Detail

行方不明者の財産管理

女性

相続人で行方不明者がいる時には、司法書士や行政書士などに財産管理人になってもらい、協議に参加してもらいましょう。また、相続問題は信頼と実績がある司法書士や行政書士 に相談をしましょう。

View Detail

経験豊富なプロに依頼

電卓を持つ男性

相続税を依頼するときには、申告手続きの経験豊富な税理士がいて、きめ細やかコンサルティングを行なっている事務所を選んで相談をしましょう。また、京都での税理事務所では年間100件以上の案件を解決しています。

View Detail

専門家達の仕事

相談

遺産相続の意味は文字通り、相続人が遺産の相続を放棄することです。また、相続を辞退するという意味も含まれています。しかし、相続といっても不動産や現金だけの財産に限りません。その他にも、相続人の親族などが借金を残していた時にも、相続するものとして考えられます。つまり、生前に残っていた借金を、相続人に対して金融機関等から返済の催促をしてくることがあります。自分とはまったく関係がないものでも、相続の条件によっては借金の返済の義務が発生してしまうのです。そこで、無理な借金返済に有効的な解決方法として、相続放棄が存在するのです。相続放棄をすれば、大手の銀行であれ、税務署からでも、故人の残してしまった借金の支払いに応じる必要がなくなるのです。しかし、注意しておかなければならないのが、申告のチャンスは一回きりということです。申告の際には、司法書士などに相談をして、借金の返済の無効化を図るのですが、3ヶ月以内という期限の中で、相続放棄の申告を進めていかなければいけません。そのため、期限を過ぎてしまった相続に関しては、強制的に借金などの返済をしなくてはならないのです。しかし、例外的には3ヶ月を超えてしまった場合でも、例外的に家庭裁判所での、相続放棄の申告が適用されることがあります。そこで、信頼できる相続放棄の専門事務所に相談をしましょう。信頼できる相続放棄の専門事務所とは、専用のHPを持っていることと、その分野に精通している実績が十分にある司法書士や行政書士が在籍しているかどうかが、判断基準になるといえます。