FP相談で家計にゆとりを|自転車保険を比較して自分に合うプラン選び
男女

自転車保険を比較して自分に合うプラン選び

このエントリーをはてなブックマークに追加

FP相談で家計にゆとりを

相談

何か起こる前に相談

毎月支出が多くて貯蓄ができていない、そういった方はファイナンシャルプランナーに相談をすることです。家計の相談ができます。家計相談となると夫の小遣いを減すとイメージする方が多く、夫婦の相談でも旦那さんはあまり乗り気でない方もいるのですが、実際には保険などの見直しでむしろお小遣いを増やす相談なのです。ファイナンシャルプランナーは、何かあった時に相談するものと考えている方もいらっしゃいますが、何か起こってからでは遅いのです。健康診断と同じく健康な時に診断を受けて悪いところを見つけて早めに治す。家計も同じで、このままの状態で行くと退職して給与所得が無くなって時にいつ家計収支がマイナスになるのか分かります。そうならないようにファイナンシャルプランナーに相談して、貯蓄や運用、保険などを使い家計改善ができます。

保険に加入したらそのまま

現在、生命保険には9割以上の人が加入しているとされています。しかし、加入されている方のほとんどが一度契約手続きしてから一度も保険証券を見ていなかったり、見直しをしていない方が多いのです。最低でも結婚や子供の出産、入学、独立など人生において大きなイベントごとが合った時には保険を見直したほうがよいです。必要保証額は、加入した時点で万が一のことがあった場合の金額です。年数が経過していけば、必要保証額は減っていきますので、いつまでも高い保障額のままだと保険料を無駄に払っていっていることになるのです。また、医療保険も加入した当時は最新の医療が受けられたとしても数年経てば医療の進歩で新治療が確立します。そうなったときに、加入した医療保険は古くなり最新治療が保険適用されないこともあるので、定期的にファイナンシャルプランナーに保険の見直しをしてもらうことが大切です。